カラム / 充填剤
最高の分離能力、プレミアム・グレード
〜世界トップのパッキング技術と評判のパックドカラムを提供します。〜
インジェクトカラムの使用で
さらに快適なサンプルチャージ
分離カラム

ディスポタイプ

ユニバーサルカラム
シリカゲルカラム
アミノカラム
ODSカラム
ハイフラッシュカラム
シリカゲルカラム
アミノカラム
ODSカラム
MMカラム ハイフラッシュカラム
ウルトラパック ユニバーサルカラム
ユニバーサルカラムプレミアム(30μm)
5L-S(ショートカラム)
インジェクトカラム
分離能力飛躍的アップ
カラムのダウンサイジングができます。

カートリッジカラム

ガラスカラム

大容量カラム


充填剤


■ カラムの選択
ノズル洗浄ポート付フラクションコレクター

TLC結果と充填剤の選択

カラムの分類

各種充填剤の種類と特徴 (詳細はお問い合わせください。)

順相系充填剤
シリカゲル(Si-OH)
担体表面のシラノール基とサンプルが、主に、水素結合により可逆的に吸着することで、分離が行われます。
高〜中極性のサンプルで、有機溶媒に溶解するものによく用いられます。
アミノ(aminopropyl, -SiOSi(CH2)2CH2NH2
シリカ表面にアミノプロピル基を修飾した担体で、アミノ基、スペーサーであるプロピル側鎖および残存するシリカゲルのシラノール基が分離に関与します。
有機溶媒、水系溶媒で使用でき、シリカゲルでは吸着の強すぎるサンプルや、塩基性化合物、ヌクレオチド・糖類の分離に用いられます。
ジオール(1,2-dihydroxy-3-propoxypropyl, -SiOSi(CH2)3OCH2CH(OH)CH2OH)
シリカ表面に1,2-ジヒドロキシ-3-プロポキシプロピル基を修飾した担体で、使用する溶媒により、順相・逆相どちらの分離モードでもご使用頂けます。順相系溶媒では、プロポキシプロピル基に結合するヒドロキシル基(-CH(OH)CH2OH)と残存するシラノール基がサンプルと水素結合を形成し、分離が行われます。シリカゲルとは異なり、プロポキシプロピル基に結合するヒドロキシル基(-CH(OH)CH2OH)はシラノール基と比較して電荷の偏りが小さいために、シリカゲルで起こりうる、不可逆的な吸着が起こりにくい担体です。カルボン酸などの酸性化合物で、シリカゲルではテーリングするような場合に、ジオールを用いることで、良好なクロマトを行うことができます。
逆相系充填剤
ODS(C18, -SiOSi(CH2)17CH3
球形シリカゲルの基材にオクタデシル鎖を結合した充填剤で、サンプルの疎水性を利用した分配クロマトに用いられます。シリカゲルTLCにおいて、高極性の展開溶媒を使用しても原点成分として残る高極性化合物やシリカゲルTLCで、ヘキサンのような非極性溶媒でも移動が速すぎ、分離しない場合など、広範囲の化合物の分離に適しています。糖類・ペプチド・生薬などの親水性化合物では溶離液に水100%を使用できる、水系オクタデシルが特に適しています。
オクチル(C8, -SiOSi(CH2)7CH3)/ブチル(C4, -SiOSi(CH2)3CH3
ODSと比較して疎水性が低い充填剤で、ODSでは保持が強すぎるサンプルやペプチド・タンパクといった比較的疎水性の高いサンプルの分離に適しています。

各種カラムの特長 (詳細はお問い合わせください。)

ハイフラッシュカラム P.P.製
ディスポタイプのスタンダードカラムです。カラム栓−ホルダーを利用することにより、安価に高品質のカラムを提供いたします。
ユニバーサルカラム (ユニバーサルカラム Premium) P.P.製 カラム栓不要
密閉型ディスポカラムです。カラム栓の取り付け・取り外しが不要のため、簡便にご利用いただけます。
また密閉されている蓋は取り外しが可能で分別廃棄も可能です。
ウルトラパック ガラス製
長さ30cmの高分離ガラスカラムです。繰り返し使用が可能でランニングコストを抑えることができます。
カートリッジカラム ガラス製
ガラス製ショートカラムです。エンドフィッティングを使い、本体部分をカートリッジ化することにより、安価にガラスカラムを使用いただけます。
キロパック ガラス製 再充填可
大型ガラスカラムです。山善の充填技術を生かし、カラムのスケールアップが可能です。
再充填を行うことにより、分離性能を保ったまま、安価に大量分取が行えます。
マイケルミラーカラム ガラス製
手詰め用ガラスカラムです。お手持ちの充填剤を容易に充填することができます。
インジェクトカラム P.P.製
サンプルインジェクト専用のディスポカラムです。各種パックドカラムと接続し、使用することで、容易なサンプルチャージと大幅なクロマトの改善を実現します。

topへ